葬儀と通夜の両方に出席する

葬儀と通夜の両方に出席する

葬儀と通夜の両方に出席する

葬儀と通夜の両方に出席する

通夜の他にもまだまだ皆さまの興味が広がる注目のページが盛りだくさんです。
私たちの生涯において、出会いと別れは必ずあります。人と人とが関係を持って生きている限り、これはどのような方でも必ず通る道でしょう。社交関係が多い方ほど告別式に参加する機会は増えます。通夜についてちょっとでも事前に身につけておきましょう。葬儀には色んな種類がございます。宗教色のない自由葬、亡くなった人の一家や親しい友達など、身内だけで行われる家族葬、故人が所属していた会社が執り行う社葬などが一般的にあります。また、近頃は生存している人が自身で行う生前葬もされるようになっています。行ってはいけないマナーもあります。例えば、不幸の連絡を受けた時間が深夜だった時に、すぐに向かうのはよくありません。相当親しい関係でない限り、次の日にお伺いをするようにしましょう。その時、何人かで一緒にお伺いすると、遺族の方々の方々も対応が負担無く済みます。

通夜から一年のことを一周忌という

通夜から一年のことを一周忌という

私たちの生活にはたくさんの出来事がありますが、中には辛いできごとも避けることが出来ません。通夜は辛いことですが、避けることはできないもののひとつです。故人に最後の謝辞を伝えられる機会でもあります。参列するときには、最低限の知識やルールを守れるようにしましょう。服装やお化粧、アクセサリーの礼儀を身につけておくことも必要ですが、ご香典のことに関してもちゃんとおさえておきましょう。ご香典を入れる袋の表書きやのし袋それ自体も宗教によって異なるため、亡き人の宗教がはっきりしないときは、一般的な御霊前と書いたものを使うように致しましょう。わが国では、厚生労働省が認定する、葬祭ディレクターという資格が存在します。葬祭業界で働く方の技術や技能レベルを認定するもので、必ずしも不可欠な資格ではありませんが、弔事の準備に追われるご遺族にとっては、力強い味方になります。

通夜の色々な疑問を解決しよう!

告別式は、予期せずやってくるものです。ですから、参列するための常識など、通夜のことは日頃から準備をしておくとよいとテレビなどで紹介されています。さらに自身の年齢が高齢になるほど、どうしても祭礼に参加することが頻繁になります。葬儀は、亡き人との別れを偲ぶ悲しい場所です。ですから、派手な服装は避け、喪服やブラックフォーマル等の地味な服装で出かけるのが常識です。女の人の場合は、お化粧はあまり派手にせず、目立つ色のリップグロスも控えます。また、結婚指輪やパール以外のジュエリーは着用しません。弔事に不祝儀袋をお渡しする時は、欠かさずフクサに包み、フクサの準備がない場合は、ホワイトやブラックのハンカチーフで充用します。弔事では、地味な色のフクサを使います。ムラサキ色の袱紗だったら、慶弔両用できて便利です。なお、フクサは弔事と慶事で包み方に違いがあります。

お薦めの通夜情報